スタッフブログ

ウォーターサーバーを導入するも……

最近我が家ではウォーターサーバーを導入しました!!

きっかけは、引っ越しをする際にガスコンロを購入したのですが、その際にウォーターサーバーを無料でレンタルできるとの話を受け、店員さんの話にうまいこと乗せられて導入することに……。

   

いざ導入してみると、お湯が必要になったときにすぐにお湯を出せることと、キンッキンに冷えた水を出せるのがとても便利に感じました。ネットで調べた時には赤ちゃんのミルクを使えるのにも便利と、ウォーターサーバーを導入すると様々な利点があるようです。なんといっても水がおいしい!!

  

当初は月にペットボトル(1本12L)を1本で想定していました。しかし、思っていた以上に水を消費しており、予想以上に費用がかさみ、やむを得ずウォーターサーバーを解約することに……。

  

あるととても便利なだけあって残念ではありましたが、機会があったらまた導入してみたいなぁ、と思った今日この頃でした。

Y.O

冷蔵庫収納法

私は朝のニュース番組では、日テレの『ZIP』をつけている事が多いのですが、

番組内で、不定期で冷蔵庫内を綺麗に収納できるかをジャニーズタレントが

挑戦するというコーナーがあります。

今日(1/20放送)丁度そのコーナーがやっており、支度をしながら見ていました。

今回の収納改善部分は、冷蔵庫の野菜室・冷凍庫。

野菜室も冷凍庫も買い出し直後は雑多になってしまう我が家。(私の収納センスが壊滅的な事もありますが…)

これは是非収納法を知りたい!と思い、見ていると100均製品で手軽に綺麗に

収納でき、その中でも目から鱗だったのは、

・野菜は立てて保管(収穫前の状態で保管する事で傷みにくくなる)

・肉類は種類ごとに100均のブックスタンドを使い立てて保管

・肉類をジップロック等に入れたあとクリップで留めてクリップに

シールを貼って中身を書く(出さなくても一目でわかる)

・使いかけの冷凍野菜(コーンやベジタブルミックス等)は蓋付きのケースに入れて立てて保管

です。実際に番組内でビフォーアフターが出ていましたが、

100均製品で見違えるほどスッキリとした庫内になっていました。

100均で全て揃うようなので、私も休日に冷蔵庫の収納改革をしたいなと思います。

M.I

深大寺

皆さんは初詣はもう行かれましたか?

今年は分散参拝の呼びかけもあり、まだ行かれていない方もいらっしゃるかと思います。

私も最初は夫の実家に行く予定で、都内の参拝を考えていませんでした。

実家へ行くのを中止したので、どうしようかと思っていたら「ゆく年くる年」で、深大寺が映っていたので、元旦に行きました。

元旦は混んでいるかと思いましたが、全く混んでおらずスムーズにお参りができました。

深大寺の歴史は古く奈良時代からあり「深沙大王」が祀られ、厄除け、縁結びの寺としても有名です。

行事も色々あり、日本三大だるま市として有名なだるま市が例年3月3〜4日に行われるそうです。

他にもほおずき祭りやコンサートも開催されます。

また、東日本最古の国宝仏「白鳳仏」もあり、300円で拝観できます。

参道では有名な深大寺そばのお店が軒を連ねており、出店でお団子やそばパンが売られていました。

参拝がまだの方は深大寺に行ってみてはいかがでしょうか。

M.K

オンライン飲み会の新サービス

コロナ禍で今までになかった色々なサービスが新たに生まれているかと思います。先日知って面白いサービスだと思ったのが、オンライン飲み会専用フードボックス配達サービスです。


オンラインで食事会を開催する際に、幹事があらかじめ注文した食事とお酒が参加者の自宅に届きます。クリスマスの時期に自宅にオンライン飲み会用のフードボックスが冷蔵で届きましたが、骨付きチキンとグラタンは電子レンジで1分温め、その他ちょっとおしゃれな前菜9種(キッシュやマリネ、ミートローフ等)やデザートもついていました。紙皿やお手拭きもついて、手間がかからずすぐにオンライン飲み会に参加できます。お酒もキンキンに冷えていました!   全国の参加者に同じ食事が届くので、会話のきっかけにもなります。

株式会社ノンピという会社が提供しているサービスです。オンライン飲み会を開催される際は利用してみてはいかがでしょうか?

S.T

読書

今年のお正月は、帰省も旅行もせず、家でじっとして過ごそうと決めました。
なので、このまとまった休みの間にずっと読みたかった本を読む事にしました。
上橋菜穂子さんの『鹿の王』です。
2015年に第12回本屋大賞を受賞しているので、ご存知の方も多いと思います。
この方は、児童文学作家なので、この本も、児童文学になるかと思います。
でも、子供の本と思ったらいけません。子どもも読めますが、大人が読んでも相当に楽しめる大作です。
そもそも、上橋菜穂子さんは様々な賞を受賞されていますが、大人の間で先に火がついて有名になったそうです。

娘も上橋菜穂子さんの本が大好きなので、我が家の本だなには上橋菜穂子さんの本が並んでいるのですが、娘が一番面白い!と言った『鹿の王』は、ハードカバーでとても分厚く、持ち歩くのに不向きなためずっと手を付けずにいました。
(今は、文庫もでているようです)
そして、満を持して読み始めたのですが・・
正月休みは、思ってたような静かな自由時間はほとんどなく、
家族全員分の3度の食事の用意やら、家の片づけ(人がいれば家も散らかる)に追われ、一気に2冊読み終わる予定だったのに、まだ1冊目の8割のところまでしか読めていません。
夜に読むと面白くて朝まで読んでしまうからと、夜の読書も遠慮していましたが、いざ、夜更かしして読もう!と思っても、歳なのか3ページぐらい読んだぐらいで完全寝落ちする始末。
でも、本はとても面白いです!今は、毎日家事が終わった後のお楽しみとしてゆっくり読んでいます。
たまには、ファンタジーな物語を読むのもいいなと思っています。

M・I

読書

最近の投稿